navico_service navico_exp navico_company navico_docdowload navico_recruit navico_other icondow01 icondow02 icondow03 icondow04

スタッフの声

国際営業本部 営業2部

M.I.2014 年 4月 入社

何がお客様にとってのベストか

現在の仕事内容とその仕事の様子、職場の雰囲気をお聞かせください。

営業部員の補佐として顧客対応が主な仕事内容です。 集荷の手配、出荷指示書の作成、送り状及びインボイスなどの発送書類作成など集荷から出荷までに至る一連の業務や、請求書関係、発送可能物及び地域などの確認、見積もり、出荷済み貨物の荷物状況確認などの問合せに対応しています。 私が所属している営業部では、既存顧客のことはほとんどのことを任せてもらえており、良い意味でマニュアルがないので、お客様のニーズを聞き取りながら、どのような対応の仕方でどのような輸送モードを提案すべきか、自分で考えながら取り組むことが出来ています。自分で判断しきれない時は、上司や同じ部署の仲間はもちろん、気軽に他部署からも意見を聞くことが出来る環境が出来ています。海外物流に関するプロが集まっている会社なのでそれぞれの意見や考え、経験値があり、ぶつかってしまうこともありますが、「お客様に満足されるサービスを提供し、お客様と共に繁栄する」という気持ちは全員が持っており、何がお客様にとってのベストかを追求していく雰囲気の職場です。
何がお客様にとってのベストか

「自分がしたことで相手が 喜んでくれる仕事をしたい」

入社しようと思ったきっかけをお教えください。

英文学科を専攻していた短大時代に思っていた「海外に関わる仕事がしたい、英語を使う仕事がしたい」という漠然とした気持ちと、サービス業のアルバイトをしていたときに芽生えた、「自分がしたことで相手が喜んでくれる仕事をしたい」という気持ちを叶えられるのではないか、と思ったのが入社のきっかけです。 新卒で入社した私は、物流経験はもちろん、社会人経験も全くなく、経験者・中途採用が集まるこの会社に少し不安を感じておりました。 しかし、当時の上司や同じ部署の方々、さらには他部署の方々が気さくに話しかけてくださったり、分からないことは納得のいくまで説明してくださったり、同じことを聞いてしまっても嫌な顔ひとつせず親身になって教えてくださったことでそんな不安も吹き飛びました。
「自分がしたことで相手が喜んでくれる仕事をしたい」

考え提案すること

成長を感じた瞬間はどのような時でしたか?

入社からしばらくは、新しいことを覚えたり、目の前の業務をこなすのに精一杯でした。お客様の依頼に対しても、ただただそれに従って対応をしていました。 少し慣れてきて、会社の仕組みが見えてきたとき、もっとこうしたら業務の効率化にもなるしお客様の満足度も上がるのではないかという気持ちが芽生え、お客様に対し「提案」が出来るようになったときが、成長を感じた瞬間です。 元々対応できることでも、もっと良い方法があればそれを提案したり、出来ないことに関してはただ出来ないという回答ではなく、出来る方法でお客様のニーズを満たすことが出来ないか考え提案することで成長を感じています。
考え提案すること

誠実さでお客様の信頼につなげる

楽しかったことや、辛かったことはなんですか?

弊社は、自社便のネットワークを持っていないので、例えば、荷物が通関遅延や輸送トラブルでお届けまでに時間を要してしまったときは、お客様からいくら急かされても自社の力でなんとかすることが出来ない点が辛かった、というか辛い点です。 ただ、自社便のネットワークがないので、という言い訳はもちろん通用しない為、この環境の中での最善の手段、例えば協力会社と密にコンタクトを取り、進捗状況を随時お客様に報告をしたり、先を読んで協力会社への情報収集を依頼したり、誠実に対応していくことで、お客様と良い関係性を築いていき、トラブルがあっても弊社を継続してご利用いただけたときは嬉しく思います。
誠実さでお客様の信頼につなげる

「何かを輸送したい」と思ったときに、一番にペガサスが思い浮かぶような存在でありたい

今後の目標は何ですか?

書類1枚からトン単位まで、様々な荷物を扱っている弊社は、お客様のニーズを聞き出し最適な輸送モードを提案する「Pegasus My Choice」を売りにしています。 Pegasus My Choiceが成り立つ為にはお客様のニーズを聞き出すことはもちろん、既存顧客に対しても、日頃からやり取りをしているからこそ「気づける」ことがあると考えています。例えば今まで中国にしか輸出をしていなかったお客様がいきなりシンガポール向けに輸出を依頼してきたり、軽量体の荷物ばかりだったお客様が50kg以上の荷物を依頼してきたり、というケースを見逃すことなく、継続的なフォローをすることによって、お客様自身に「きちんとケアをしてくれている」と思ってもらい、他社に依頼していた荷物を当社に依頼してくれるようになったり、新規の案件があった際は最初に相談をしてくれるなど、リレーションの強化を図り、「何かを輸送したい」と思ったときに、一番にペガサスが思い浮かぶような、お客様にとってそんな存在でありたい、というのが今後の目標です。
「何かを輸送したい」と思ったときに、一番にペガサスが思い浮かぶような存在でありたい